FC2ブログ

エゴマゾ。 冬月かえで・レビュー


pgd330ps.jpg
  • 品番:PGD-330
  • 収録時間: 150分
  • 出演者: 冬月かえで
  • 監督: 宇佐美忠則
  • メーカー: プレミアム
  • レーベル: GLAMOROUS
  • 発売日: 2009/10/07
  • 100%純粋ドM女・冬月かえでの凄まじき性癖が露に!「乳首をツネられたいです…」「指で犯してください…」と、ヤラれたい方法指定で、ヤラれたい願望を果たす女。エゴマゾな要求が満たされるたびに、かえでは体を紅潮させて悦びヨガる。「もっと、私の言う通りにイジメてください…」

定価 : 3,980円、のところ
⇒ デジまるサイトで 2,900円の新品特価販売。
※そのほか、10/7発売新作、8タイトルを特価で販売します。

得点と総評


総得点=3.0点……シーン1と5は単独で確実に抜ける。
■ シーンごとの得点内訳
  1. 1.M性を徹底解剖(SEX)=1点……本作の趣旨に最も合ったファック。良い立ちバック。
  2. 2.エゴマゾの飼い方(SEX)=0.5点……台詞のせいか集中に欠ける。発射間際の突きで盛り返す。惜しい。
  3. 3.エスカレートする自己中M性(愛撫、イマラチオなど)=0点……作品の展開上のつなぎのチャプターで、抜くためのものではない。
  4. 4.焦らす…フェラしかさせない(フェラ抜き)=0.5点……69状態のインタビューが意外と良い。素晴らしい舌使い。
  5. 5.わがままM奴隷(3P)=1点…特にわがままな要求をしているわけではない、普通の3P。存分にハメ倒されていて文句なくヌケる。

※採点の仕方が、他のレビューサイトと比べて特殊ですので、評価基準についてはブログ冒頭の「このブログについて」の記事をお読みください。


総評……企画がうまくはまってはいないが、力技(女優のエロさ)でヌケる。

冒頭のテロップ曰く、「エゴマゾ」とは、自分のやりたいこと以外は受けつけない、ワガママなMのこと。


AVなので、これがプレイ(エロ)の中で表現されるのがベストなのだろうが、実際うまく伝わったのは、作品上はまだ「エゴマゾ」がどういうものか示されていないシーン1の前戯のところのみ。シーン2と3のドラマはエゴマゾについてはどういうものか分かったがエロさが足りず、最後の3Pは結局ふつうの激しい3Pに終わった。この点では企画がうまくいかなかったと思う。


しかし、冬月はイキやすく、テクニックもあって、エロの表現力に恵まれているので、いま言ったような企画の趣旨の如何を問わずとも、力技で気持ち良くヌカせてくれる。読者としては、150分もので2回はヌケる、という点をもとに購入を判断してほしい。




女優について


ベテラン女優なのでご存知の方も多いだろうが、当ブログで初めて取り上げる女優の場合は、できるだけ新人女優と同じように紹介することにする。
PGD330-00_c.jpg ■ 顔

パケ写とほとんど違いはない、面長の美人。タレ目で鼻筋が通っている。歯並びは良くないが、そのぶん親しみやすい。


■ スタイル

手足が長く、スキニー。胸はAからBカップ。お尻は肉付きがあるように見えるが、他はスッキリしていて、力むと腹筋が浮き出る。


■ 性格

関西弁の気のいいお姉さん。しゃべり方が甘えた感じでトロく見えるときもあるが、ドラマ部分の台詞まわしや表情のつくりかたからしても、決して頭はトロくないかと。ベテランだからかどうかは分からないが、恥じらうそぶりはなくて、がつがつエロを求める。


■ 性技・性反応

感じやすく、濡れやすく、イキやすい、AV女優の鑑のような体(言いすぎか)。感じやすいのは間違いないが、そんなに乗ってない時はかえって反応が大げさになって、あざとく見える時がある。愛液もよく出るが、ともかく潮吹きが大量。ヌく側としては、安定してヌかせてくれる良いモデルである。


テクニック面で特筆すべきは、達者なヌキ系のフェラである。舌を素早く動かして竿を舐めまわしたり、口をすぼめながら吸い込んだりと、ひとことで言うと「良い意味でエグい」。


根がエロくて気がいいから、自分から腰を振ることも多い。完全なるM気質で、激しいことをされても、イヤイヤ言いながら感じているし、無理な体勢やプレイにも耐える。



内容(プレイ時間[ ]括弧内は挿入時間)
1.M性を徹底解剖(SEX)=1点(男優:清水健、プレイ時間:46分[13分]) PGD330-10_c.jpg

※写真をクリックすると拡大できます。

乳もみ→フェラ(ちょいイマラ)→乳首ひっぱり→クンニ→指マン→フェラ→バイブ→挿入
正常位→騎乗位→指マン→立ちバック→正常位→顔射・お掃除

自分のやられたいことを相手に要求する自己中なM、いわゆる「エゴマゾ」っぷりが最もよく出ていたファック。要求といっても、痴女もののように「○○しなさい」ではなくて、「○○してくれる?」とか「○○してほしい」とソフトなもので、痴女とMっ子の間と考えたらいいだろうか。今回の3ファックでは総合的には一番良かった(激しさだけで言えばシーン5)。


前戯:

乳首を強くひっぱり、チンコを深くくわえさせたりもするが、見所は指マン。「できるだけ太い指がいい」とか「(指が)多い方が感じる」などと、やんわりと提案して、結局は自分が一番感じる方向へ持っていく。大量かつ粘り気もある潮吹きでソファを使い物にならなくする。


本番:

はじめの正常位と立ちバックで絶頂する。特に立ちバックが体全体をとらえていてエロい。


2.エゴマゾの飼い方(SEX)=0.5点(男優:田淵正浩、プレイ時間27分[9分]) PGD330-20_c.jpg
乳首ひっぱり→イマラ→チンポで全身いたぶり→男のアナル舐め→イマラ・脇コキ→指マン→挿入
ソファで背面騎乗位→ソファで騎乗位→ソファでバック→側位→伸展位→正常位→舌射

ここと次のシーン3は、「エゴマゾ」とはどういうものかを示すミニドラマ。ドラマとして見れば、エゴマゾという、一見おだやかながら底の見えない性欲の持ち主の恐ろしさはわかる(おおげさ)。


インタビュー:
監督「(さっきのカラミで)けっこう要求してたよね?」
冬月「命令されるのもMだけど、~したいねん、とか、~してほしいなぁを言うのもMだと思うんです」
監督「それって、エゴマゾですよね?」
冬月「…エゴマゾ?エゴマゾって何ですか?」
ここからミニドラマへ

「ある日わたしは女を拾った」のナレーションから始まるミニドラマ(上の写真参照)。
お腹が空いているということなので家に連れて帰る。食事のあと、男を誘う冬月。


PGD330-21_c.jpg 数日後。
優しすぎる男に飽きたらない様子の冬月。
「もっと乱暴なことを言って、してほしい。じゃないと感じなくて…」
男は意を決して、言葉攻めを交えた激しいセックスを試みる。

前戯:

「そんなことしたらクリトリスがはれ上がっちゃいますっ」などとMっぽい冬月に、男がプレイで応えようとする。が、本来が優しい男という設定のせいか、言葉攻めも言葉使いはキツくてもすごみがなくて、無理に言っている感が出ている。だから、要は言葉使いのキツい、普通のちょっと激しいセックスである。


本番:

「ご主人様、犯してください!」「いっぱい叩いてください!」と軽いスパンキングも入れながらのセックス。素が完全なる関西弁の冬月なので、標準語のイントネーションで演じなければいけないプレーでは集中を欠いているのか、喘いでいても、それほど感じているように見えない。終盤の側位と足を伸ばした体位で激しく突くところでは入りこんで興奮できるが、ヌクには時間が足りない。出した精子がきれいに舌にのっかるところは良い。



3.エスカレートする自己中M性(愛撫、イマラチオなど)=0点(男優:田淵正浩、プレイ時間12分) PGD330-30_c.jpg
指でアソコをいじる→ローター→指マン→フェラ→萎えてまた捨てられる冬月

シーン2からのドラマ設定の続き。

シーン2のさらに数日後。ネクタイで縛ってほしいとねだる冬月。縛ったまま愛撫され、ローターでイカされる。激しいフェラで男を責めるが、冬月のエゴマゾぶりに耐えられなくなった男は「もうやめてくれ!」と叫び、再び冬月は捨てられてしまう。そこに新たな男が現れるところで、ドラマは終わる。



特にヌキどころはなくて、作り手もそのようにつくってはいない遊びのチャプターだろう。



4.焦らす…フェラしかさせない(フェラ抜き)=0.5点(男優:不明、プレイ時間11分) PGD330-40_c.jpg 69の状態でインタビュー→自分のフェラ顔をモニターで観察→鏡の前で手コキ・フェラ→顔射

監督「何でそんなにフェラが好きなの?」
冬月「(舐めてピクつくチンコを示して)おチンチンが素直なところ」
などという69しながらのインタビューは、冬月のエロいフェラ・表情とあいまって良い。

鏡の前での手コキとフェラから、飛んだ精子が顔面から跳ね返るくらい勢いのある顔射で良い。しかし、これも単独でヌケるほどのコーナーではない。



5.わがままM奴隷(3P)=1点(男優:戸川夏也・小田切ジュン、プレイ時間:37分[17分]) PGD330-50_c.jpg

手足固定で股間攻め→電マ・バイブ→抱え上げクンニ→指マン→2本フェラ・イマラ→挿入
立ちバック→ソファで屈曲位→騎乗位→バック→背面騎乗位→正常位→顔射1→正常位→顔射2

ドラマでエゴマゾの何たるかが分かったところで、さぁエゴマゾぶりを爆発させてもらおう、と期待したが、普通の3Pと言って差し支えない。ところどころで冬月が要求しているが、男優が「しょうがないな、ワガママな子だ」なんて言いつつ淡々とプレイしているだけで、少しだけ激しい普通の3Pなのである。普通の3Pだが、冬月なので及第点のヌケるファックになっている。


前戯:

序盤は手足を拘束しておもちゃと指でイカせまくる。潮もたくさん吹く。拘束を解いてからは、抱えあげてのクンニ、まんぐり返し状態での指マンなど、アクロバティックな体勢が続く。


本番:

ここでも立バックでイカせていて良い。背面騎乗位で突き上げるところや、最後の正常位も体を真っ赤にして首を振りながらイクところは見所だと思う。ヌケる。


3Pでは一人がハメながらもう一人が始終フェラさせるが、これは女優の集中を削いでイケなかったり、フェラもファックもなおざりになったり、声が聞こえなかったり、おおむねよくない結果を生むと考える。今回もちょっとくわえさせすぎ。冬月はフェラの技術が高いので、こんな場合でもそこそこエロいフェラをできるのが驚き。でもこれは珍しい例だから、せめて3P時のフェラは半分くらいに抑えてほしい。


テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

tag : 冬月かえで

プロフィール

デジまる梅田店

Author:デジまる梅田店
大阪駅前ビルに2店舗を構えるDVDショップ。
TEL:06-6346-7688
在庫2万点以上の通販サイトも運営しております。
http://www.degimaru.com/
・デジまる梅田店(大阪駅前第1ビル2F)
・デジまる梅田プレミアム店(大阪駅前第3ビル地下1F)

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事一覧

全ての記事を表示する

リンク
最新トラックバック
レビュー女優名一覧

やまぐちりこ 藤間ゆかり 周防ゆきこ 相内しおり 青山ローラ(美月リア) 相澤リナ(月本みほの) 和葉みれい 原田明絵 春菜はな 希内あんな 若葉くるみ 七色あん 緋咲アンナ 戸田アイラ 横山美雪 沢本あすか やまぐちりく 椎名くるみ RUMIKA 歩原ひかる 小向美奈子 三村紗枝 雫パイン 坂下梢 大沢美加 宮下リカ 水瀬ちあき 優木夏 今井ひろの 栗林里莉 真梨邑ケイ 葵えり 羽田あい 成海朱帆 希志あいの 松浦ひろみ あいかわ優衣 野波麻衣 きよみ玲 華山美玲 葉山リサ 大空かのん たかなし愛 大橋未久 友田彩也香 桜木ここな 桜木ふうな 冬月かえで 天海つばさ 秋元美由 日向ひかる 葉月しおり 希美まゆ 月見栞 佐伯さき 中山エリス まりか(長谷真理香) 藤本リーナ 木内美保 KAORI 妃悠愛 神條レイカ 桜木凛 ひなた結衣 松山ゆう 鈴木きあら 秋山祥子 小沢真理奈 新井恵 和葉みれい(藤白まき) 北条麻妃 島田陽子 美雪ありす 伊島香織 香月悠梨 彩音まい 伊東遥 西山希 葵つかさ 亜美 黒川きらら JULIA 柚奈りり 佳山三花 哀川りん 岡田真由香 前田優希 市川まほ 大島みなみ 清野ゆり 沖田杏梨 小松千春 秋元まゆ花 愛原さえ 真木奏 Nina マリア=エリヨリ 志保 辻仁美 雪乃ほたる 瑠川リナ ナンパ物 夕樹舞子 星沢なな 石原あおい 麻木明香 滝沢ひかる 白瀬エリナ 桜ここみ 佐倉カオリ 立花さや 織田真子 三ツ星りぼん 北川ゆり 藤江まみ 小林ユリ トリ=ブラック 沢アリサ(桜井エミリ) 管野しずか 上原結衣 あやせめる 小泉なほ 後藤麻衣 柚本紗希 

ブログ内検索
サイト連動 特集企画
twitter"degimaru_com"
    follow me on Twitter
    Twitterでつぶやく
    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    訪問者数